スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地震被害 動物のためにできること13「石巻動物救護センターに寄付」

先日、驚いたことがありました。

お仕事関係の場で何気ない会話でした。

「トゥルーちゃんの主治医さんは??」

と聞かれ、

「浅草の●●先生です」

と何げなく答えたところ、

「あの長髪の?!今、石巻動物救護センターでがんばっていらっしゃいますよ!!!」

「え~っ!!!なぜ~???

と、その場で先生にお電話してみたら「うん、そうだよ」と!



トゥルーくんは、パピーのころ本当にお腹が弱く、大変でした…。

血便→ぶっとい点滴、少し安定、血便→ぶっとい点滴、の繰り返しで
毎日「今日は大丈夫か!?」とヒヤヒヤ過ごしておりました。
獣医ジプシーみたくなり、先天的に異常かも、と言われたり、
急性髄炎であるとか、飼い主さんが虐待してませんか?と疑われたり、
フードを固定しておやつも一切厳禁、のような生活を送っておりました。

そんなときに、主治医の先生に出会い
劇的に丈夫になりました。
もちろん、お腹が弱いのは、多分一生変わりませんが
血便になってタラタラ血をたらし、ぐったりを辛そうに
なることは、先生と出会ってからは一度もありません。


そんな経緯を雑誌で取材されたこともあります。

2011-06-06 22.18.05


以来、大変にお世話になっており、
なにかあれば頼りにさせていただいております。


石巻には震災後すぐに入られたようで
動物のためにすべての時間を使われているようです。

東北のほうには、動物のための救護センターは
獣医師の方々を中心にいくつかあります。
その中でも、石巻の運営が一番うまくいっていると
聞いたことがあります。
私の周りのいてもたってもいられない動物好きたち(東京在住)は
石巻へ行きボランティアしている人がたくさんいます。

今度、移転するようですが、ぜひボランティアへ!
そして、サイトからは寄付の案内もありますので、ぜひ!

いまも、人出不足のようです。。

石巻動物救護センターのHP
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ERI

Author:ERI
株式会社リクルートで、中途採用情報誌に始まり結婚情報誌「ゼクシィ」の創刊メンバー、その後ゼクシィブランドのムック版「海外ウエディング」「インテリア」「ドレス」等の媒体立ち上げの編集制作、クリエイティブディレクター。14年の勤務後、ヘアサロン経営者となる。小さいころから、無類の動物好き。2011年9月オープンの、動物のためのオンライン寄付サイト「アニマル・ドネーション」代表/マネジメントディレクター

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。