スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トゥルーがウチからいなくなりました。。。

生後70日

昨日はご飯を結局半分くらいしか食べず、なんとなく元気がなかった。
でも、遊びたがるので、大丈夫かなぁと思っていた。

それが、、、。いつもはクレイトから飛び出す勢いのトゥルーが
ゆっくりと出てくる。
そして水を飲まない。ご飯には見向きもしない。
大好きなサプリメント(チューブ状のもの)は、ほしがってなめるものの、
あきらかに調子が悪い。
そして、嘔吐した。泡みたいなものを。

慌てた。ものすごく動揺した。
ブリーダーさんに電話して、すぐ連れて行った。

トゥルーは、トイプードル専門のブリーダーさんから譲りうけた。
50年近くブリーディングをしていて、動物病院も経営されている。
トゥルーを抱き上げるなり「大丈夫ですよ。ちょっと環境が変わって
体調を崩している感じ。本当に具合が悪いとこんな感じじゃない」とのこと。
その場に座り込むくらい「ほっと」した私の側で
トゥルーは大人のプードルと遊びたがって、お腹を見せてころがっていた。

もともと数日後に仕事の関係で一晩だけ見てもらう予定でいたので
それまでブリーダーさんのところで、様子を見てもらうことにした。
この方から譲りうけて、本当に良かったと思った。

夏にもらわれた仔犬で、引き取られて1週間から10日の間に、
環境の変化とかかわいがられすぎで、疲れがでることはよくあるらしい。

私なりの反省。
まず、だらだらとかまいすぎた。いろんなことをおもしろいくらい覚えるため、おすわり、とかお手とか教えすぎた(まだちょっと早いらしい)。人間がお盆休みだったこともあり、トゥルーが疲れているのに遊ばせすぎたんだろう。
もうひとつ、ブログにも書いたが、2日前に鳴かせすぎた。引き取る直前まで4人兄弟と仲良くしてたのに、いきなりひとりぼっちでサークルに入れられて、トゥルーにストレスを与えすぎたのかなぁと思っている。もう少し安心できる環境をつくってあげるべきだった。
そのうえで、甘え鳴きは無視してもよかったのかなぁと、、、。

なんだか、トゥルーに対しての謝罪文をつづったブログになってしまいました。

早く元気になりますように。。。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ERI

Author:ERI
株式会社リクルートで、中途採用情報誌に始まり結婚情報誌「ゼクシィ」の創刊メンバー、その後ゼクシィブランドのムック版「海外ウエディング」「インテリア」「ドレス」等の媒体立ち上げの編集制作、クリエイティブディレクター。14年の勤務後、ヘアサロン経営者となる。小さいころから、無類の動物好き。2011年9月オープンの、動物のためのオンライン寄付サイト「アニマル・ドネーション」代表/マネジメントディレクター

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。