スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お留守番を撮影してみた。

生後72日

お留守番は初めてではない。
一度目は、トゥルーが爆眠している間に、抜き足・差し足出て行って
大急ぎで戻ってきたら(45分後)まだ、寝ていた。
二度目は、大丈夫なんだぁと思って2時間位いなくなると、
ぎゃんぎゃん鳴いていた。でも人間が帰ってきた音を聞いて、鳴いてたのかもしれない。



それで、ビデオ撮影をしてみた。
クレイトから出して、サークル内にベッドとトイレを用意して出て行った。
トゥルーには、コング(中におやつを入れられる知育おもちゃ)にたっぷりのおやつをつめて、夢中にさせてでかけてみた(留守番中は、仔犬が夢中になれる噛むおもちゃが必要と本にあったので実践)。

結果、30分くらいの間、ず~っと鳴いていた。狭いサークルの中を駆け回り、ぴよぴよ鳴きからおたけびまで、さまざまな泣き声が収録された。コングは、私が出て行った音を聞いた途端、まったく相手にされず、中のおやつが散乱していた。。。

トゥルーがウチに来て数日、努力して無視していたので分離不安ってやつになっているのかしら?

今後、お留守番は絶対あることだから、慣れてもらわなきゃいけない。
今はあかんぼだからからかなぁ。

写真は抱っこされて安心顔のトゥルー。かわいい顔♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ERI

Author:ERI
株式会社リクルートで、中途採用情報誌に始まり結婚情報誌「ゼクシィ」の創刊メンバー、その後ゼクシィブランドのムック版「海外ウエディング」「インテリア」「ドレス」等の媒体立ち上げの編集制作、クリエイティブディレクター。14年の勤務後、ヘアサロン経営者となる。小さいころから、無類の動物好き。2011年9月オープンの、動物のためのオンライン寄付サイト「アニマル・ドネーション」代表/マネジメントディレクター

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。