スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

性格分析


生後86日

写真はスタバデビューのひとコマ。えぇ、食べ物のためなら舌を出しっぱなしで待ちますとも!顔は日本ザルみたい!

このブログのタイトル「しつけ記録」ということに、立ち戻ってみた。

やはり、思っていた以上に犬を飼うのは大変だ、と感じ始めている。

書店では、しつけに関する本がたくさん並んでいる。
欧米ではしつけの資格制度が整っており、ブリーダーさんがある程度まで責任を持ってしつけをするというシステムが確立されているのが、なぜだかわかってきた。
アメリカでは、動物警察という組織も稼動している。

私のように、小型犬でもしつけを間違うといわゆる「問題犬」になると思う。

そしてしつけをする上では、その犬がもともと持っている性格をよ~く理解したうえで
しつけをしていかなければならない。トゥルーと一緒に生活して約1ヶ月、私なりに分析してみた。

トゥルーの性格
★気質
ものすごく元気。やんちゃ(ブリーダーさんからの保証つき!)。ハイテンション。物怖じしない。食いしん坊
★社会性
犬好き・人好き。特に集団で集まっているとうれしい。
人間の子供に対しても、抵抗はない
★リーダー気質
これはずいぶんと強いと思う。うちに来てすぐマウント(人間の足にからまって腰をぴょこぴょこ動かす動き。性的な意味は今のところないが支配欲からそのような行動にでる)をし始めた。通常3ヵ月半から4ヶ月以降に出るらしい。
また最近は、自分にとって嫌なこと(相手にされない、私が電話に出るなど)が起きそうになると、鼻にシワを寄せ吠えるようになった。
リーダー気質が強いと、人間の上に立ちリーダーになろうとする。そうすると、いつも気を抜かず家を守ろうとするので、他人に吠えたり噛みついたり、家にマーキングし始めたり、問題行動を起こす。こうなると人間もつらいけど、トゥルーも怒られ通しでつらくなる。多分性格もゆがんでいく

トゥルーは、ほっておくと「問題犬」になる要素は十分に持ち合わせていると思う。現に、今数分でもひとりで落ちついていることができない。ものすごく吠える。これがエスカレートしたら、大変だと思う。

ということで、来週から「しつけ教室」に通うことにした。
トゥルーが来る前から、しつけはプロの手を借りたい、と思っていて探していた。
実際飼ってみて、本に書いてあることを実践しても程度加減が本当に難しい。

そして、「トゥルー」のしつけでもあるけど、きっと「私」のしつけ。

また詳細は報告していきますね~(しつけ教室の了解済)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ERI

Author:ERI
株式会社リクルートで、中途採用情報誌に始まり結婚情報誌「ゼクシィ」の創刊メンバー、その後ゼクシィブランドのムック版「海外ウエディング」「インテリア」「ドレス」等の媒体立ち上げの編集制作、クリエイティブディレクター。14年の勤務後、ヘアサロン経営者となる。小さいころから、無類の動物好き。2011年9月オープンの、動物のためのオンライン寄付サイト「アニマル・ドネーション」代表/マネジメントディレクター

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。