FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その先にあるもの




その先にあるもの


            このフラッシュは、某県で実際に行われているシステムを作者の方が
                  遺憾の念を込めてデフォルメしたものです。

            この様なシステムを考え付く“お役人”何の疑いもなく導入する“行政”

                そして、矢面に立たされるのは従事する職員さんたち…

                  拒否権のない職員さんには何の罪もありません。

               ペットをゴミのように捨ててしまう罪深き飼い主たちは

                 彼らの先にあるものを知っているのだろうか?

                  たとえ知らなかったとしても、その罪の重さに、

                     小さな命の重さに変わりはない・・・



需要(ペットを捨てる行為)があるから供給(ペットを回収する行為)があるのか、
供給(ペットを回収する行為)があるから、需要(ペットを捨てる行為)が生まれるのか、

私にはよく分かりませんが、私たちがペットさえ捨てなければ、全て丸く収まるのに。。。






http://proxy.f2.ymdb.yahoofs.jp/users/c6c17fe0/bc/%b8%f8%b3%ab/sonosaki.jpg?BC6M3lDBF4yx2JFK



実は、動物を捨てるという行為以外にも、虐待するという行為も数多く存在しています。

その虐待に付いての記事は Dear.こげんた で訴えさせていただいております。



http://proxy.f2.ymdb.yahoofs.jp/users/c6c17fe0/bc/%b8%f8%b3%ab/potedeme33360.jpg?BCVyZlDBKIbD20i2


転載元:雑貨大好き♪なんでもオススメ日記

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ERI

Author:ERI
株式会社リクルートで、中途採用情報誌に始まり結婚情報誌「ゼクシィ」の創刊メンバー、その後ゼクシィブランドのムック版「海外ウエディング」「インテリア」「ドレス」等の媒体立ち上げの編集制作、クリエイティブディレクター。14年の勤務後、ヘアサロン経営者となる。小さいころから、無類の動物好き。2011年9月オープンの、動物のためのオンライン寄付サイト「アニマル・ドネーション」代表/マネジメントディレクター

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。